あまこの脳内にあるものを書いていってますw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餘部橋梁を堪能した僕らは13:33発の普通城崎温泉行に乗り帰路に着いた。

とはいえ、僕の今回のメインはまだ終わってなかったのです。

そう、僕のメインは北近畿タンゴ鉄道のタンゴエクスプローラに乗ること!

そのために、普通列車を乗り継ぎ豊岡駅へ向かったわけです。


餘部から城崎温泉までは非電化区間で、

城崎温泉からは電化区間。

そう、山陰本線の城崎温泉より西は非電化の単線なのですよ。


でも但馬の願いは・・・
但馬の願い


だそうですw

まあ、排ガスの問題やらなんやらあるからかなあ・・・。

でも、鉄なファンはこの山陰本線は単線非電化でいて欲しいという声もあるわけで。

難しいとこですねw



豊岡駅に到着して約30分の乗換え時間があったので色々と買い物。

と言っても、お土産とかじゃなくて昼飯w

結局サンドウィッチとかまぼこと大福となりました。

さすがに夕方前には駅弁はなかった・・・かな?w


そして、豊岡駅2番ホームに止まっていたKTR001系。

そう!今回のメインタンゴエクスプローラ!!



シルバーボディに赤いライン、そして、ハイデッカーな窓。

そして、乗り込む・・・車内に入り座席フロアへは階段をのぼる。


座席を見るとシートカバーに丹後ちりめんを施してましたよw



ちょっとしたこだわりでしょうね♪


豊岡から出発したタンゴエクスプローラは、

北近畿タンゴ鉄道の宮津線を通り宮津駅から宮福線経由でJR福知山線に乗入れ。

そのまま尼崎経由で新大阪まで約2時間半の乗車となる。

途中、天橋立駅があり、その付近の沿線で実際に天橋立が車窓から見えるんですよ♪

頑張って天橋立までは見れました。

が、

残念なことにその後・・・

そうですねえ、福知山駅からはほとんど記憶がありませんw

さすがに睡魔が。。。タバコも吸えない全車禁煙だしww

気づけば尼崎駅付近でした(爆)


列車には最終駅の新大阪駅まで乗り、新大阪駅で夕飯を食べて、

新幹線ホームで関東組2.5人を見送って餘部ツアー終了。

ちなみにこの新幹線。

20:37発のぞみ50号東京行は、500系のぞみをチョイスw

特に0.5人な人は500系にこだわりを持った方でしたよww

そこがまた微笑ましいわけです♪




ということで、長々と餘部日記を書きましたが、

力技で終わらせましたww

今度は冬の餘部でも行きたいなーなんて思ってますw
スポンサーサイト

【2008/07/20 23:55】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |
無事餘部駅に到着。

残念ながら春に展望台がなくなり、

餘部橋梁と海のコラボ景色は見れませんでした。

そして、駅からそのまま下に降りる道もなくなってました。


が!

踏み切りが出来ていて、

駅と反対側に渡って下に行くようになってました♪


まずは自分達が乗ってきた「あまるべロマン2号」の写真を撮って、

下に降りてキハ47の写真とはまかぜの写真を撮ってきました。

気持ちいいほどのアオイイロの空が最高でした!!


■餘部橋梁を渡るあまるべロマン号


■餘部駅の踏み切り上から撮影した線路


■餘部駅の踏み切りから餘部駅ホームを見た写真


■餘部橋梁を下から見た写真


■餘部橋梁を渡る普通列車


■餘部橋梁を渡る特急はまかぜ


■餘部駅から見下ろした海の風景



そして13:33発の普通列車で餘部駅をあとにしたわけです。

つづくwww


【2008/07/20 23:45】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |

で!
はる
当然後もう一回乗り遅れたよな?な?な?
ほら、3回は基本やんかいさ~(笑)
ご一緒の中の、0、5人ちゃんは疲れなかったのかな?

No title
あまこ
>はる
そうそう!3回目も・・・って、そんなに乗り遅れたら帰れないよw
0.5人ちゃんは500系のぞみに乗るために頑張ってましたw
ま、疲れないわけがない行程だけどねww

コメントを閉じる▲
城崎温泉からあまるべロマン号に乗換え、

餘部駅を越えて浜坂まで行く一行。


座席は1ヶ月前に予約した先頭1号車1Aと1B。

それに2A~2Dまでの6席。

1C・1Dも欲しかったんですが。。。先約がいたようです(涙)


それはさておき、

すがすがしい天気の中、先頭のパノラマから見る景色は絶景で、

山あり海ありトンネルあり・・・そして何処までも続く単線路。


途中、竹野駅で対向列車待ちがあった以外はすれ違う列車なし。

そう、それは単線だからw


香住も過ぎ鎧駅を通過してまもなく行くとトンネルが。

そのトンネルを抜けると餘部橋梁。

そして、餘部駅に到着。


そのまま乗車して浜坂駅へ。

そう、ここではスタンプと記念入場券を購入。

折り返しで乗る列車までは15分ほどあったので、余裕だなって思ってたんです。

が!!!

特急が止まるとはいえ、さほど大きな駅ではないので、

切符売場も窓口が1つ。

並んでいると、前の人があーだこーだやってるんですよ。

「○時○分のに変更するには・・・」とか「○○駅に○時に・・・」とか、

こんな小さな窓口で相談するなよって感じw

で、時間はドンドン過ぎていく。

乗る時間は12:07発普通列車。


窓口の駅員さんが気を利かせてくれて、

その相談してる男の人を後回しにした時には既に遅かった。。。

そう、2回目の乗り遅れ。。。

仕方がないので、あまるべロマン号の折り返しで餘部駅に向かったのでした。

できれば餘部橋梁を渡るあまるべロマン号を下からのアングルで撮りたかった。

でも、仕方がないですよ。


ということで、

12:19浜坂駅発あまるべロマン2号に乗って餘部駅に向かいましたとさ♪


つづく(爆爆)

【2008/07/20 23:40】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |
さて、北近畿の乗り込んだ駅が違ったわけですが、

無事自分の席につくことができました。

よかったよかった。


北近畿は新大阪から尼崎を経由して福知山線に入り、

山陰本線から豊岡・終着城崎温泉駅に行く特急。


と言っても、この北近畿1号。

何度も乗ってるだけにちょっと飽き気味(爆)

とはいえ、

この北近畿1号に乗らないと餘部に最短で着くことができないわけなんですよ。

ということで、車内ではまったりとした感じで過ごしました。


車内販売は篠山口からあったので、

朝ごはんも食べてなかったために空腹で空腹で。

お弁当を購入しましたさ。

かにずし。
 

これが妙にうまい!

パッケージに篠山口駅と表記してますが・・・

実際篠山口駅は山の中なのでカニといっても微妙な感じ。。。w


ま、いいんです!

小腹の足しになったし、そこそこ美味しかったしw

と、食べ終わると少し睡魔が。。。

乗ってた車両も空席が目立ち始めたので空いてる席で広々就寝ww


ふと気づくと豊岡駅でした。

豊岡駅ではラッセル車などの展示撮影会をやっていたようですね。

車庫内に人がいましたよ。カメラ小僧がw


と、言ってるうちに城崎温泉駅に近づく。

この城崎温泉駅で臨時快速あまるべロマン号に乗換え。

時間は3分。

この短時間でタバコを吸わなくては・・・

と、到着そして扉が開いたと同時に飛び出してタバコを咥えて点火!!w


ちょっと生き返る気分で吸い終わり、

あまるべロマン号に乗換えました♪



続く?(爆)



【2008/07/20 23:30】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |
2008年海の日連休2日目は餘部ツアー!

それも、関東鉄キチ会会員を含めた計5.5人で行ってきました!!

0.5人は・・・お子様1人分ということでw


集合は7:30新大阪駅20番ホーム。

何かというと、JR西日本で走っている0系こだまを見るためw

塗装が初期の状態に戻ったんですよ!



写真パシャパシャ。結構な人がいましたねぇ。

人がいない写真を撮るのが難しい感じでした。


そして、7:55。

8:05発の北近畿1号に乗り込むために移動。

JR乗換口で入場券から城崎温泉までの乗車券に変更してもらって、

って・・・時間がない!!

あっという間に時間が過ぎていたんですよ。。。

改札で切符見せたら清算前の入場券を見せてくださいとか言うし。。。

そんなもん、清算口で渡してるっちゅーねん!と思いながら説明。。。

そして北近畿発車ホームはJR乗換口から一番遠いホーム。

だーっしゅ!!

だーーーっしゅ!!!

だーーーーっしゅ!!!!

階段を駆け下りた時にベルが鳴り終わり・・・


ぷしゅ~。


無情にも動く出す北近畿1号。

しかし、途方に暮れるわけに行かないのです。

なんせ、

この北近畿1号に乗らないと城崎温泉乗換えのあまるべロマン1号に乗換えれない!

全ての計画が水の泡!!!

瞬間考えて・・・

北近畿1号は大阪駅停車が2~3分あり、大阪駅は8:12発なはず・・・ということで、

とりあえず18番ホームから16番ホームに移動するぞーってな感じでダッシュ!w

16番ホームに差し掛かるところで17番ホームに大阪行の快速が!!

速攻で17番ホームへ移動!

8:07発快速大阪行!!

新大阪~大阪間は約4分。

あとは、同じホームの向かい側に北近畿が止まっていれば・・・と祈りながら、

大阪駅に向かう。

もう、、、汗ダクww


そして大阪駅に着いた瞬間見えたのは・・・

扉の開いた北近畿1号だった!!!

快速の扉が開いてから猛ダッシュ!!!

とりあえず座席番号とか無視して車両に乗り込んで無事スケジュール通りに戻った。

もう、ほっとしましたね。

そして5.5人の一行は城崎温泉へと向かうのでした♪


続く(爆)



ちなみに、JR在来線の発車時刻は大体7:00だった場合7時00分30秒~40秒あるのです。

ま、その数十秒という時間が今回の勝因となったことは言うまでもないわけです(爆)


追記を閉じる▲

【2008/07/20 23:00】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |
昨年3度行った餘部。

残念ながら餘部の冬は行くことが出来なかったんですが、

今回、JR西日本の企画であるTRAIN+で餘部を含む山陰線がスポットにあたり、

計画を立てました!

『餘部2008夏+車窓から天橋立ツアー』


開催日は7月20日。

新大阪8:07発北近畿1号に乗り、終点の城崎温泉へ。

城崎温泉では3分の乗換時間で「あまるべロマン1号」に乗車。

浜坂行きですが、餘部駅で下車。(11:37着予定)


餘部橋梁を堪能です。

列車通過予定時刻は下記の通り。

下り(浜坂方面) 普12:45  は13:06

上り(豊岡方面) あ12:22  普12:32 


※普=普通 は=はまかぜ あ=あまるべロマン


上記列車を見た後は、13:33発の上り列車で豊岡へ向かう。

途中、城崎温泉で乗り換えるが、豊岡駅に着くのは14:57頃。

時間にもよるが、ここで豊岡基地の見学もいいし休憩もありだ。


ここからが僕も未経験ゾーン。

帰りのチョイスする列車は「タンゴエクスプローラ号」という、

丹後半島の付け根を走る列車だ。

単純に言えば・・・大回りをして帰ることになるが、

この列車内から天橋立を見ることができるわけですよ。

15:33発タンゴエクスプローラは豊岡を出発して宮津・天橋立を経由して、

福知山から福知山線で南に降りて尼崎・大阪そして終点の新大阪につく。

新大阪には19:01到着予定となるので、

新幹線の乗換も簡単に出来るだろうと思うんですよ。


予定はこんな感じで今回の餘部を堪能したいと思っています。

人数がいつもより多いのでちょい楽しみかも♪


ちなみに、新大阪20:37発東京行ののぞみは500系だそうです。 
2008年5月21日現在

【2008/05/20 16:58】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |
春・夏と訪れた餘部の地。

秋もあのキハ65を使用したあまるべロマン号が運行されるので、

行こうかなと思って計画を立てたわけですw
kiha65a
■夏に運行したあまるべロマン号

今までの餘部ツアーで利用した列車

春 はまかぜ1号 思い出のあまるべ号

夏 北近畿1号 あまるべロマン1・4号 はまかぜ6号


ま、いわゆる「播但線」「福知山線」「山陰本線」経由でのルートは

今までで制覇したわけです。


となると、

次に考えるのは・・・

タンゴディスカバリーによる「KTR宮津線経由」とか、

もしくは、

浜坂を抜けて鳥取経由「スーパーはくと」乗車!

となるわけですw


といっても、

往路では夏同様で北近畿1号に乗って城崎温泉であまるべロマン1号に乗換え。

乗り換えて餘部駅までは同じ行程なんですが・・・。

今回の計画ではそのまま乗って浜坂まで!

ま、同じ車両に乗って餘部駅まで戻るんですけどねw

浜坂ってどんなところか行ってみたいんですよw


で、14:30~15:30くらいで餘部を出発。

14:39発あまるべロマンに乗って豊岡から宮津線経由にするか、

15:28発普通で浜坂まで出て、鳥取からスーパーはくとで帰路に着くか、

今は考え中~考え中~♪


詳細はPDFにまとめてますw

餘部橋梁への旅 2007年秋
※閲覧にはAcrobatReaderが必要です。

【2007/10/24 14:47】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |
春先にも出かけた餘部という地。

あの鉄橋の壮大さは文字や写真ではあらわすことができないものがある。


ということで、また行ってきました!

というのも、先日からメモ程度に書いてたんですが、

「臨時快速あまるべロマン」というのが運行されるということだったんで、

あまるべロマンにも乗る目的で計画。

朝7時半ごろ尼崎の駅を出発して一旦大阪駅へ。

「北近畿1号城崎温泉行」に乗る。

ここでの車両は183系。

特急車両ながら、なんともレトロ調に感じてしまうのは、

最近新幹線などの車両に乗っているからかもしれませんw

大阪を出発して尼崎から福知山線経由で豊岡・城崎温泉をいう経路を

約2時間半の乗車なんですが・・・

なんと、今年3月から運行3時間以内の特急は全て全車両禁煙に!!

北近畿もそのひとつ。

結構きついですねえ。。。喫煙コーナーもないんですもんw

そんなこんなでやっとこさ城崎温泉駅に到着!w

豊岡始発だったあまるべロマン1号はもう駅に止まってました♪

キハ65・・・エーデルパノラマ型車両!

数日前にパノラマ型車両と知った時、

最初に買った3号車8番A・Bの席を1号車に変更してたんですw

1号車2番A席。

先頭車両の大ガラスから景色を堪能できるのは5番まで。

よく見えるように段差もついてるんですよ。

前から2番目の僕の席は最高の場所でしたさw

座席変更しといてよかったって感じでした♪


餘部橋梁手前のトンネルで速度を落とし始めて、餘部橋梁に差し掛かると、

窓から見る景色で車内は歓声に包まれる。

そう、高さ約41mの餘部橋梁から見る景色は絶景なんですよ♪

そのまま餘部駅に定刻の11:38到着。僕はここで下車したわけです。


写真と動画を撮るポイントは3種類。

1.橋の下から 2.駅から少し上った所から 3.ホーム上


最初は橋の下からあまるべロマン2号を撮影。

車両は小さいけども、橋の高さを感じてもらえると思います♪

次に駅から少しあがったところからはまかぜ1号を撮影。

空と海の青さ、草木の緑、鉄橋の赤・・・この色の演出はたまらなくイイ!

そして、ホームの端からはまかぜ4号を撮影。

これはかなり迫力があるんじゃないでしょうか♪

そのほかにも撮影をして、14:44餘部発のあまるべロマン4号で豊岡へ。

この間でも色々撮影しましたよ♪

最初は車両の1号車にのり、離れていく餘部橋梁を撮影。


その後、対抗列車とのすれ違いとか玄武洞~豊岡間の車窓とか。

まあ、そんあこんなでかなり堪能しながら豊岡に16:24着。

ここからどうやって帰るか・・・選択肢はいくつかあった。

まず、正攻法「北近畿で福知山線経由というのがあるが、

これは往路と同じになるので却下。

ちょっと後にタンゴディスカバリー宮津線経由京都行きがあったんですが、

ちょっと時間がかかりすぎるということで今回は見合わせ。

ということで、約1時間後にくる播但線姫路経由大阪行きのはまかぜに決定!

帰りの列車は睡魔がつき物・・・播但線内はほぼ寝てましたww

大阪駅に到着は20:11。無事に帰ってきました♪


餘部という場所は遠いながら素晴らしい場所で、

春・夏と訪れたので秋・冬も行ってみたいかなぁ・・・。

冬は寒そうだけどねw

といっても、イベント列車次第かなww

【2007/08/07 15:29】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |
あまるべロマン(キハ65)が走るということで、

予定を立ててみた。そのメモ代わりで記載。

/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
行くならこの日・・・8月5日(日曜日)乗車料金11,010~11,330円

●往路 料金5760円(乗3570円 他2190円)

大阪08:12発-北近畿1号 特急券1680円  →城崎10:53着
城崎10:57発-あまるべロマン1号 指定510円 →餘部11:38着

<撮影:餘部到着通過時刻>
浜坂方面◆普12:46 は13:03 あ13:17 普14:00 普15:36 は15:43
豊岡方面◆あ12:23 普12:38 普13:31 は13:44 あ14:44 普15:28
あ=あまるべロマン は=はまかぜ 普=普通

●復路

*パターン1*
餘部15:28-普通178D→城崎16:09
↓城崎から下記特急に乗り継ぎ可能
■きのさき10号16:13発 京都行(着18:49)
料金5570円(乗3890円 特1680円)
■北近畿18号 17:01発 新大阪行(尼崎着19:39)
料金5250円(乗3570円 特1680円)
■はまかぜ6号17:16発 大阪行(着20:11)
料金5250円(乗3570円 特1680円)

*パターン2*
餘部16:11-普通180D→城崎17:05
↓城崎から下記特急に乗り継ぎ可能
■はまかぜ6号17:16発 大阪行(着20:11)
料金5250円(乗3570円 特1680円)
■北近畿20号 18:14発 新大阪行(尼崎着20:53)
料金5250円(乗3570円 特1680円)


【2007/07/13 14:09】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |


匿名さん
おおーー壮大な計画が。。
私は土合駅に行きたい。
久しぶりに新潟方面へ・・・・

というか^^ 今、音楽ファイル覗いてみたところイパイあった。

ハルヒとひぐらしとらきすた りょ~か~い。

計画というか・・・
あまっこ
実はもう「あまるべロマン1号」の座席指定券のみ購入済みなのだw
あとはその日が来るのを待つだけかも・・・♪

コメントを閉じる▲
先日行った「餘部鉄橋一人旅」でファイルサイズが大きくて載せれなかった

快速「思い出のあまるべ」号の車窓からの風景動画をノーカットはできなかった

んですが、編集してアップしました♪

時間は7分を越えていますので、時間のある時にでも見てくださいね♪

ちなみに、

香住駅から餘部駅までの風景です。

見所は、香住駅を出て単線になる部分と、鎧駅での待避線の出現。

あとはなんと言っても「餘部鉄橋」からの風景ですね♪


【2007/04/07 14:53】 | 餘部のこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。